何でも行く街ロンドン...

マリーは、イギリスのタブロイド紙の編集者で、恋人は理想の男性。何一つ不満がない生活だったが、突然恋人の浮気が発覚。そして、彼女自身、自分の思いも寄らない反応〈これからは、義理の母親もいない、自由な女性になれる!〉に驚く。ところが恋人は謝ってきた。プライベートと仕事の問題が山積みのマリー。それなのに親友は、マリーのためにしているつもりが、マリーを困らせてばかり。マリーは、押し寄せてくる出来事に立ち向かうしかない。これらの問題の解決の鍵を握るのは、世界中で大人気のテレビシリーズのスター、あのベネディクト・カンバーバッチなのか?

抜粋:

 

《声が出ない。彼も彼女も服を着始めている。私は、何か言わなければならないと思う。何でもいい。膝が震えていても、まだ立っていられるうちに。現実に突きつけられる前に。屈辱的な状況にいるようには見えないように。》

  • White LinkedIn Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon

L’histoire est addictive, pleine de rebondissements et j’ai été incapable de poser mon livre une seconde ; j’avais besoin de savoir comment ça allait se finir. Entre l’amour, l’amitié et le boulot, rien n’a été de tout repos pour Mary, et j’ai adoré ma lecture. Mais, j’aurais aimé un chapitre de plus, à la toute fin, non qu’elle soit frustrante, mais histoire de passer quelques pages de plus avec elle.

Blog Meo et ses livres.

UNE HISTOIRE ADDICTIVE

コメント:

続きが気になるし、読みやすいので、一気に読んでしまいました。

Le résumé est tout de suite attirant même si on s’attend encore à une histoire d’une héroïne qui se remet en question après avoir découvert l’infidélité de son fiancé. Mais on est vite surpris. Ce livre est complétement décalé voir barjo. Rien n’est ordinaire. J’ai aimé que l’auteur propose un humour digne des anglais sachant que l’histoire s’y déroule. Je suis complétement fan de celui-ci.

Blog La-bibliophilie-dalaine.

ON EST VITE SURPRIS!

素敵なメッセージ!

読んだ後にすっきりする小説

この本は、ベネディクト·カンバーバッチが出てきて、とてもおもしろかったです。

Le livre se lit tout seul, le vocabulaire est accessible au plus grand nombre, les personnages touchants le sont vraiment et on adore détester les autres, bref, tout ce qu’on attend d’un bon livre au coin du feu en plein hiver, sous un plaid bien douillet, une tasse de thé et son nuage de lait à la main.

Et finalement, le visage superbe au regard hypnotique de Benedict Cumberbatch…

Julie Ferrier. Blog Mon coin lecture 2.

DES PERSONNAGES TOUCHANTS

私は私たちの英雄を見つけたいと思います

ちょっとブルーな時に読むと、明るい気分にしてくれます。

 

読後には、まだ笑顔が残っているような本です。

Ce roman m'a permis de me vider la tête et passer une bonne journée à la plage, une petite pépite qui nous transporte et nous fait oublier nos problèmes. Ah et Lola je l'adore franchement très grand coup de cœur pour ce personnage avec Mary, qu'elle duo! Lecture à recommander auprès de tout votre entourage! La couverture est à tomber par terre et donne très très envie de le dévorer! Perso, je vais de suite le proposer à ma médiathèque pour qu'un max de personnes puisse le découvrir.

Blog Mes petites chroniques au fil des mots.

TRES GRAND COUP DE COEUR POUR LOLA

著者のスタイルがたくさん大好きです

著者からの一言

Capture d’écran 2020-05-06 à 16.36.00.pn

-イギリスは、この小説の舞台ですが、どうしてイギリスなんでしょうか。

-子供の頃、親戚のおばさんがイギリス人だったので、いつもイギリスについて話していました。イギリスは大好きな国です。緑が多くて、伝統的だし、私自身は『Sherlock(シャーロック)』と『Dawnton Abbey(ダウントン・アビー)』を見ています。

-マリーとローラは、結局のところ彼女たちの世代を代表していると言えるでしょうか。

-そうですね。彼女たちは、意気盛んで、戦うことをためらいません。プライベートでもキャリアでも、自己実現を目指しています。そして、真実と愛を求めて、理想の王子様を夢見るロマンチストでもあります。だからこそ、理想の男性を演じるベネディクト・カンバーバッチは、彼女たちに夢を与えているんです。

-サムさんにとっての理想の男性とは?

-私が連れ添っている人です。聡明で、優しくて、気が利きます。そして愛情に満ちた人です。

-第2巻は近々出版されますか。

-いいえ。まず、主人公のマリーがベネディクト・カンバーバッチのために書いた推理小説を出版する予定です。情熱、サスペンス、ユーモア、そして裏切りと盛りだくさんです!